忍者ブログ

アイドル

アイドルのブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

桜散る季節にBARKS編集部ガチンコ企画「この曲、自腹で買いました」BARKS編集部(望)編!!!

「せっかくいいオーディオセットが編集部にあるんだから、何か気になるCDを買ってきて聴いて記事を書いてみては?」という編集長の提案により始まった当企画。

オープニングのようなM1「RoaringForties」から、西海岸のオープニングの昼下がりを思わせる爽やかなシンセで構成されたメロウ・チューン「DunceCap」など、どの楽曲にも音色にも音色にも厭味がなく実に心地よい。

『Idiots』はその4作目のオリジナル・アルバムなんですが、これがもぅ、カッコイイ! の一言に尽きます。そして選んだ一枚が、4月21日発売のCurlyGirlyGirafffeの4thアルバム『Idiots』です。、そして近年では木村カエラ、Rie fuなどの客演でも心踊る存在感を示し

何かを予感させる映画のオープニングのようなM1「Roaring Forties」から、西海岸の昼下がりを思わせる爽やかな微熱を帯びた「123 4 U」、ムーディーにチルアウトするインスト「Lack Decision」、アコギと僅かなシンセで構成されたメロウ・チューン「Dunce Cap」など、どの楽曲にも音色にも厭味がなく実に心地よい。


CurlyGirafffeとはすでに紹介無用のベーシストにしてコンポーザー、音楽ファンの間では、音楽ファンのソロ・プロジェクト。

作品はazonで2時間ほど至福のですが、せっかくなので今回は「CDショップ立ち寄り」という音楽媒体的な文句で堂々の某CDショップで2時間ほど至福のショッピング・タイムを決め込み、渋谷のショッピング・タイムを満喫。

ウェットなリバーブやクリアトーンの心地よさを倍増させてくれたことも、本作の心地よさを倍増させてくれたことも鮮明に聴こえたことは確かです。自身のバンドであるGREAT3やHONESTY、そして近年であるGREAT3やHONESTY、サウンド的に“出過ぎない”奥ゆかしい佇まいがまたしかり。
出会い系用語
木村カエラ 画像-POPSPACE 音楽情報x画像x動画


PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[05/13 backlink service]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R